麻賀多神社の前に宗吾霊堂を訪れました。同行の方に「宗吾霊堂に行きましょう」と言われても宗吾霊堂について全く知らず、どんなところだろうと思っていました。それは京成の宗吾参道駅に着いても変わらず、義民宗吾様と案内板に書かれても何のことだろうと思っていました。

駅から1キロほど歩くと境内に着きました。予想していたよりはるかに大きな本堂です。本堂でお参りをし、お守りなどの売り場にあったパンフレットを読んでやっと宗吾霊堂について理解しました。そして、まだまだ知らない良いお寺が一杯あると実感しました。でも、知らないことは何も恥ずかしいことではありません。知らなければ、初めて知った時の感動を味わうことができます。

そして本堂の裏に行くと大黒天が祀られており、その横に高橋尚子の名前の書かれた御護摩札が置かれていました。今まで成田山に行った時は成田山でお参りして帰っていましたが、これからは宗吾霊堂などにも立ち寄ろうと思います。
タグ