2008/04/29

昨日のNHKスペシャル「日光・月光菩薩 はじめての二人旅」

昨日、NHK総合で「日光・月光菩薩 はじめての二人旅~薬師寺 1300年の祈り~」が放送されました。

番組内で、薬師如来、日光、月光菩薩の光背が外されて、初めて背中を拝観することができるようになったということで、各像の背中がうつされていました。

日光菩薩は男性的、月光菩薩は女性的と紹介されていましたが、私がそれ以上に印象に残ったのは薬師如来像の背中。とても頼もしい背中に見えました。薬師寺展に行くのがとても楽しみになりました。

再放送があるそうなので、見逃した方は是非、見てください。
2008/04/28

あの作者の作品に出遭う

旧小机領三十三観音霊場めぐりで二十二番札所の王禅寺を訪れました。
観音堂でお参りをした後、本堂に行くと、本堂右隣の庫裏の前になにやら怪しい像があります。

私は最初それを見て、悪魔だと思いました。
「悪魔がいるからここより先は一般人は入るな」というメッセージだろうと思い、像のそばに行くと、台座に作者の名前がありました。
そこには、薮内佐斗司(やぶうちさとし)と書かれていました。
そう平城遷都祭のキャラクターの作者です。
この像の名前は禅寺丸だそうです。
この像は仏様なのでしょうか。私には悪魔にしか見えません。





2008/04/27

本日のお寺参り

本日は旧小机領三十三観音霊場巡りに行き、十七番札所から二十番札所までと二十四番札所をめぐりました。
今日のお寺はバスはあっても1時間に1本など交通の便が良くない場所にあるお寺が多く、結構歩きました。
でも、今日も巡って良かったと思える良いお寺が多かったです。
お寺に着くと同じようにお寺めぐりをしている人がいて、多くの人が巡っているなと思っていたのですが、お寺の人に聞くと12年前よりも巡っている人は少ないそうです。
旧小机領三十三観音霊場は良い霊場だと思うので、このゴールデンウィーク期間に一人でも多くの人が巡って、観音様の素晴らしさを実感して欲しいと思います。

ラーマ

神奈川県横浜市に在住です。
寺社巡りは楽しいものであり、巡っていると色々なことに気づくということを紹介していきたいと思います。