須磨寺 御開帳

須磨寺では、2月18日から2月24日まで、秘仏のご本尊が御開帳されていますので、昨日(2/20)訪れました。

JR須磨駅で下車し、しばらく歩くと須磨寺に到着しました。
早速、本堂に行くと、結縁の金剛線が目に入り、
「この金剛線は御本尊様の御手とつながっております。この機会に御本尊様との御縁をお結び下さい」
とありましたので、綱を握り、御本尊様と御縁を結びました。

本堂右側から中に入れるようになっていましたので、塗香(ずこう)で身を清めてから、中へ。

中に入ると、中央に聖観音坐像、向かって右に不動明立像、左に毘沙門天立像が祀られていました。須磨寺には何度か訪れていますが、いつもお堂の外からの拝観でしたので、お堂の中に入れ、ご本尊も拝観でき、感動です。

堂内にはお寺の方がおられ、観音様の光背に五体の化仏があったので、質問したところ、五智如来だそうです。

また、不動、毘沙門天を脇侍に置くのは天台様式で、真言宗の須磨寺で何故そのような置き方は不思議だったのですが、須磨寺は一時、天台宗の時もあったそうです。

特別開帳といってもお金を取らず、無料でご本尊を拝観でき、源平合戦の史跡も豊富な須磨寺は良いお寺だと改めて思いました。これからも機会があれば、訪れたいと思います。


テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

Tag:関西地方寺社巡り  Trackback:0 comment:0 

京の冬の旅 相国寺・養源院

1月31日、京の冬の旅で特別公開している相国寺・養源院を訪れました。

中に入ると、中央の部屋に大きな毘沙門天立像が祀られていました。像高は約170センチで、鎌倉時代の慶派仏師の作と伝わっているそうです。一般に毘沙門天像は多宝塔を掲げていますが、こちらの像は左手に戟(げき)を持ち、右手を腰に添えています。

この毘沙門天像は長年その存在が知られていませんでしたが、江戸時代の1763年5月21,22,22日に三夜連続、相国寺の近くに住む奈良屋与兵衛の夢枕に毘沙門天が現れ、
「我が像を修復して人々に参拝せしめよ」
と告げました。

そこで、与兵衛は相国寺に相談に行き、相国寺は寺中を探索したところ、バラバラになっている像を見つけ、与兵衛が修復の援助をして、像は復元されました。そして、修復された像は6月12日にご開帳されました。この話は相国寺の公式記録に載っているので、本当の話だそうです。

次は右の部屋に移動しました。こちらには、本尊の薬師如来立像、虚空蔵菩薩坐像、阿弥陀如来立像が祀られていました。養源院は幕末、薩摩藩の野戦病院となりました。その理由は、相国寺で唯一、薬師如来像を祀っているからだと考えられているそうです。

次は左の部屋に移動しました。こちらには、御前立の毘沙門天立像が祀られていました。中央部屋の毘沙門天立像は憤怒の相でしたが、御前立の毘沙門天像は静かなお顔をされており、顔だけ見ると、観音様のような感じがしました。

最後は奥の部屋で、幕末に当時の藩士がつけた刀傷が残る柱、近衛家から移築された書院「相和亭」から池泉式庭園を鑑賞しました。

相国寺・養源院
テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

Tag:関西地方寺社巡り  Trackback:0 comment:0 

鉛筆型人間

月刊致知2月号に掲載されている、「絶えざる切磋琢磨がプロ教師を育てる」より。

鉛筆の真ん中に真っ直ぐの芯があるように、教師も真っ直ぐの芯を持つべきだと思います。もっとも小学校の教師については、特にいろんな芯の硬さを持たなければいけないと思うんです。

私は以前特別支援学級を受け持ったことがあるのですが、そういったクラスの子供たちに通常学級の子供たちと同じように接することはできませんよね。ですから教師としていかなる場合も芯はぶれさせないけども、芯の硬さはある子にはHB、ある子にはFという具合に変えてよいのではないかと思っています。

それと鉛筆の芯の周りには木を使っていますよね。だから「気を使って」常にアンテナを張り巡らせる、そういう人間でないといけません。

さらに鉛筆というのは削っていくものなので、教師も身を削りながら芯を貫いていくと。それを最低十年やると、自分の思いがきちんとした形として見えてきます。でも肉にも熟成期間があるように、自分を熟成させるためには二十年やる。さらに芸の世界に守破離という教えがあるように、人とは一味違うものを出していくには三十年やる必要があるのではないかと。

「不易流行」という言葉がありますよね。鉛筆の芯が不易で、その周りの木が流行にあたると思うんですよ。大事なことは、いかに時代の変化に対応しながら、同時にぶれないものを持つことで、その二つを兼ね備えた人材になれるように自らを育てていくことでしょうね。
テーマ : 名言・格言・ことわざ
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:致知  Trackback:0 comment:0 

カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ラーマ

Author:ラーマ
神奈川県横浜市に在住です。
寺社巡りは楽しいものであり、巡っていると色々なことに気づくということを紹介していきたいと思います。 Twitterもやっています。アカウントは@kannon33です。

月別アーカイブ
姉妹サイトへのリンク
管理人が西国三十三所観音霊場などの寺社をめぐった時の巡礼記を以下の姉妹サイトにまとめています。
ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ blogram投票ボタン
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
霊場巡りの旅facebookページ